MENU

アイピルは

アイピル,アフターピル,通販,効果,副作用

 

アイピルはもてなしピルのひとつで、日本でノルレボ錠として認可されている危急避妊薬のジェネリック医薬品だ。

 

アイピルはおばさんホルモンの一つである黄体ホルモンもののものからできている。

 

おばさんホルモンは総称で、妊娠、分娩に関与する卵胞ホルモンという黄体ホルモンの二つに分けられ、これらは起こる一定のサイクルで増減を繰り返している。

 

卵胞ホルモンはエストロゲンと呼ばれ、卵巣における未熟な卵子を育て、子宮に作用し子宮ひとつ膜を分厚くしていきます。黄体ホルモンはプロゲステロンといって妊娠の介助役だ。

 

たとえば受精しやすいように、初歩体温を上げ妊娠しやすい生態を始める、卵巣ホルモンが太くした子宮ひとつ膜を柔らかくし維持する、乳腺を発達させる、排卵を排除させるなどが挙げられます。

 

性行為後、膣に射精された精子は子宮にかけて進んでいきます。

 

ただし膣ひとつは黴菌から身を続ける結果酸性となっていて、約99%は死滅し子宮に到達できません。

 

あと1%が子宮口、子宮頚部から子宮に入ります。子宮ではホルモンの影響により、精子が通りやすい分泌液、通りがたい分泌液が解決されていてタイミングが合えば精子が通り抜けが可能です。

 

そうして受精講じる事です卵管に到達できるのは最終的に300~500個周りといわれています。

 

射精からここまで1~3歳月しかかかりません。

 

卵管に卵子が排泄されてからの寿命はきっと常時、運よく受精したら受精卵へって覆り細胞解体を繰り返しながら週かけて子宮へといった移動します。

 

子宮に到着した受精卵はゆっくりと着床して赴き、排卵後10お天道様ほどかけて妊娠となります。妊娠するといった黄体ホルモンは妊娠黄体となって体調を維持し、妊娠しなければ黄体ホルモンは減少して赴き、古い子宮ひとつ膜は生理として体調から排泄されます。そうしてまた卵胞ホルモンが妊娠に関して踏み出すのです。

 

もてなしピルは黄体ホルモンの感化をします。もてなしピルを服用すると黄体ホルモンとして行ない、黄体ホルモンの枚数が急増し、薬が引き抜けるという急下降します。

 

これにより卵子が成熟中途ならば成熟をとりやめさせ、排卵を回避させます。

 

共に受精卵になってしまっていた場合は着階を防ぎ、妊娠不成立という脳を誤発見させ、最終的に子宮ひとつ膜を体調から排出します。

 

この時の出血は消退出血液と呼ばれ、消退出血液を以て避妊は完了します。

 

でも実際には、内服したご時世が黄体期です場合もあり、その時は内服の成果が切れても黄体ホルモンは厳しい通りなので通常の生理として出血講じる場合もあります。

 

>>アイピルを安心して購入できるコンサルタントはわたし<<

このページの先頭へ