MENU

アイピルの副作用はいつまで

アイピル,通販,副作用,アフターピル,緊急避妊

 

奥様ホルモンを服用する結果受精卵の着フロアを防いで避妊効果がありますが、副作用が生じる場合があります。

 

副作用は個人差が凄まじく、またどうしても事象として表れるわけではないです。

 

副作用の発生間、反復間

 

アイピルを服用すると腸で理解され、血中の奥様ホルモン個数がやがて上昇していきます。

 

2~4間で血中濃度は絶頂になり、体から尿として排泄され、2~3お日様で抜けていきます

 

血中濃度が高くなる2間後から副作用の事象が伸びる事があります。

 

いつまで副作用が貫くのかは、個人差がありますが、全身から排出される1~3計画だと言われています。

 

副作用の種類

 

副作用には吐き気、嘔吐、頭痛や腹痛、むくみ、おっぱいのハリといったものがあります。

 

ここでは代表的な品物への方策をお伝えします。

 

1.吐き気

 

吐き気はドクターに吐き気エンディング(制吐剤)を処方してもらうか、市販の吐き気エンディング(足酔いエンディングの薬)を需要しても差し支えはないだ。

 

でも気になる皆さんはドラッグストアで、「ピルって併用目指すんですけど」と伝えればOKです。

 

2.嘔吐

 

嘔吐については、摂取から2間以内に吐いてしまうって、避妊に必要なホルモン量が潤沢理解できない結果、避妊の威力が得られなくなるケー。

 

アイピルは1回の摂取で済みますので、飲んで2間以降の嘔吐であれば、必要な理解が終わって呑みなおしは無用ことがほとんどです。

 

ですが2間以内の嘔吐の場合、追加でピルを呑む必要があります。

 

アイピルそれでもその他の対応ピルの場合でも、仮に嘔吐してしまったら、速やかに産婦人科にコネクトし、ドクターの指摘に従いましょう。

 

3.その他

 

むくみ、おっぱいのハリなどは一過性のものが手広く、ホルモンの魅了が収まれば自然と治ります。

 

おっぱいがかけるといった事象は懐妊スタートと間違え易いですが、既存懐妊スタート事象は3ウィークを過ぎた位から現れます。

 

性行為その後週間程度では現れませんので、対応ピルを飲んだ契約だと見分けがつきます。

 

>>アイピルを安心して購入できるアドバイザーはこっち<<

このページの先頭へ