MENU

アイピル服用後の避妊成功の判断

アイピル,通販,安全,アフターピル,緊急避妊

 

アイピルを飲んで、これで喜びはなりません。
避妊に失敗やる比率もあるからです。ではどうしたら避妊エライという知るのでしょうか。

 

アイピル摂取後の消退出血液

 

アイピルを飲むと、黄体ホルモンが急激に上昇し、薬が引き抜けると共に急激に下がります。

 

こういう体系が重要で、既存黄体ホルモンはある程度のリズムで増減を繰り返します。

 

黄体ホルモンの用途は、排卵後の体を懐妊しやすいみたい子宮雰囲気を調えることです。

 

イロハ体温を上げたり、子宮拍子膜をふわふわな状態に保ったり、乳腺を発達させる作用もあります。

 

黄体ホルモンが減少する、ということを脳では懐妊しなかったと当てるのです。

 

そうして新しく子宮拍子膜を考える結果、古くさい子宮拍子膜を体の外に出します(月の物)。

 

懐妊した場合、黄体ホルモンが丸ごと出続け、子を育て易い雰囲気を維持していきます。

 

これを利用したのが対応ピルだ。

 

薬で強制的に黄体ホルモンを上下することで、脳を騙し、排卵の有無にかかわらず子宮拍子膜の剥離を促し出血決める。

 

これが消退出血液だ。

 

消退出血液があったら、受精していないか、受精卵になったとしても着フロア前に防ぐことができたということです。

 

アイピル摂取後に月の物が来る

 

消退出血液が来なければ妊娠しているかというとそうでもありません。

 

月の物スケジュールお日様近所で月の物が来た、に関してもあるのです。

 

これは卵巣から十分量の黄体ホルモンが出ていたために薬に行いが切れたその後も黄体ホルモン個数が激しく、消退出血液が起こらないことがあります。

 

その代わりいつもの月の物が来ます。こういう月の物は「いつもの」というのがポイントです。

 

なぜなら着フロア出血という懐妊したことで生まれる出血との取り違えがあるからです。

 

着フロア出血は、受精卵が子宮拍子膜に着床した際に掛かるもので小気味よい痛苦や出血があります。

 

着フロア出血の場合、多くはありものにカラーがついたような出血で2、3お日様で終わることがほとんどです。

 

月の物スケジュールお日様になっても出血がない、小気味よい出血が見られただけ、というときは妊娠しておる可能性もあります。

 

懐妊医療薬として確認してみることをお勧めします。

 

アイピル,通販,安全,アフターピル,緊急避妊

このページの先頭へ